2019年より東京、山口、愛知で順次開催される

『没後90年記念 岸田劉生展』が、2019年より東京、山口、愛知で順次開催される。 明治の先覚者・岸田吟香(1833-1905)を父として東京・銀座に生まれた岸田劉生(1891-1929)は、父の死後、キリスト教会の牧師を志すが、独学で水彩画を制作するなかで、画家になることを勧められて、黒田清輝の主宰する白馬会葵橋洋画研究所で本格的に油彩画を学ぶ。そして、雑誌に紹介されたポスト印象派(当時は後期印象派)の画家たち(ゴッホ、ゴーギャン、マチスなど)を知り、「第二の誕生」と自ら呼ぶほどの衝撃を受けた。 《銀座数寄屋橋》1909年頃 油彩・板 郡山市立美術館蔵 《道路と土手と塀(切通之写生)》1915年11月5日 油彩・麻布 東京…

出典:http://spice.eplus.jp/articles/215518

お顔が美術館 博物館 展覧会 天才 とにかく綺麗でお耽美で見た目はもちろん中身までその全てが美しい そんなジャイ仔さんと念願の併せが出来そうな予感に私一体どうなっちゃうの〜?!!?!(楽しみにしてます❤️❤️❤️)

ぶら美をみてデュシャンが来ていると知ったトーハクのマルセル・デュシャンと日本美術へ。初期の印象派の影響を受けた絵画も興味深かったですし、作品によっては撮影可なので、『泉』はじっくり見て撮影してきました。遺作はぜひとめフィラデルフィア美術館に見に行きたいです。  #Bura_Bi_Now pic.twitter.com/E2YUXFvQ25

仕事後、デュシャン→常設へ。デュシャン展はとても面白く、デュシャンに詳しくない私にとってはとても勉強になったし、《遺作》へ結ばれていく構成はドラマティックだった。 ただ、日本美術と繋げなくてもよかったかな……?という気がしなくもなかったかな……?

0679 (岡倉天心)古社寺の調査を実施して日本美術の再評価を行い,『東洋の理想』を執筆して,アジアの文化の優秀性を主張した。(09A追試)

ぶら美をみてデュシャンが来ていると知ったトーハクのマルセル・デュシャンと日本美術へ。初期の印象派の影響を受けた絵画も興味深かったですし、作品によっては撮影可なので、『泉』はじっくり見て撮影してきました。遺作はぜひとめフィラデルフィア美術館に見に行きたいです。  #Bura_Bi_Now pic.twitter.com/E2YUXFvQ25

ローマで開かれた日本美術展覧会の会場を復刻したような一角も素敵だったし、展示品もおもしろかった。今回の展示は今日を逃したら観に来られなさそうだったから、雨降りだったけど来てよかった。

今日見た展示 ・ウィリアム・ガウランドと日本の古墳研究@明治大学博物館 ・マルセル・デュシャンと日本美術@東博 ・京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東博

そして、来週は私も一緒ですが、「マルセル・デュシャンと日本美術@duchamp_japan を観に行きます。 帰ってきたら、ちょっと予習をさせます。 家にあるのに、意外と観ていないようです。まあ〜観ないよね笑

多分女子美のクソ男教師2トップは日本美術史マンとポソやくんだよ

フェルメール展が来場者20万人突破!異色のムック本 歴史的名作の「価値の理由」、あなたは知っていますか?フェルメール展のほか、同じ上野恩賜公園「ムンク展 ―共鳴する魂の叫び」、東京国立博物館では「マルセル・デュシャンと日本美術」が開催。hon-hikidashi.jp/enjoy/67340/ twitter.com/share

[J-WAVE NEWS] キュレーターの解説を聞きながら巡る貸し切り展覧会! 東京国立博物館 特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」で開催 fw.to/yTNRIrj

キュレーターの解説を聞きながら巡る貸し切り展覧会! 東京国立博物館 特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」で開催 #jwave #デュシャン2018 #トーハクtinyurl.com/ya4pqwsu