2019年8月1日(木)~2019年8月31日(土)まで、東京・谷中の全生庵にて開催される

谷中圓朝まつり『幽霊画展』が、2019年8月1日(木)~2019年8月31日(土)まで、東京・谷中の全生庵にて開催される。 江戸末期から明治にかけて活躍し、「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していた。伝・円山応挙というものから、柴田是真、伊藤晴雨、河鍋暁斎など、著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。現在は、圓朝の墓所がある全生庵でこれらのユニークな幽霊画を所蔵しており、毎年8月の1ヶ月間のみ特別公開している。 左から、伊藤晴雨「怪談乳房榎図」、池田綾岡「皿屋敷」、鰭崎英朋「蚊帳の前の幽霊」(全生庵所蔵) 今年は、「…

出典:http://spice.eplus.jp/articles/243514

出光美術館が購入した約190点のプライス・コレクション。里帰りで日本美術の研究が深化すると期待されています。 nikkei.com/article/DGXMZO…

散逸免れたプライス氏旧蔵品、日本美術ブームの源流:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

日本美術史のレポートのために画面の写真撮らなきゃいけなさそうなのでカメラのセッティングした。

一昨日のニュースに驚かれた方も多いのでは? ジョー・プライス氏の集めた190点もの日本美術の名品が #出光美術館 へ!なんとその中には #伊藤若冲「#鳥獣花木図屏風」や #円山応挙「#虎図」も。 来年の出光での展覧会が今から待ち遠しいですね。 nikkei.com/article/DGXMZO…

村上隆1962- オタクカルチャーと日本美術を経由して戦後日本を社会批評的に問い続け、海外のマーケットを中心に活躍する現代アート・プロデューサー。日本のハイカルチャーとローカルチャー、それらの表現的次元の特徴を融合させた芸術理論、スーパーフラットを提唱したよ。pic.twitter.com/Yg5eFGGuC5

@koga_harue: 佐藤朝山(1888〜1963) 別号は玄々。山崎朝雲、高村光雲に師事。日本美術院同人。院展木彫の中心的存在として豊満で官能的、神秘的な作品を発表した。渡仏し、ブールデルに師事。帝国芸術院会員に選ばれる。晩年は院展を脱退。日本橋三越の大作《天女像》…

レポートお絵描きだけだから後期も日本美術のやつとりたいけど、なんかと被ってたきがする。

散逸免れたプライス氏旧蔵品、日本美術ブームの源流:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO… 先日話題のニュース。宗教系団体云々など、やや経緯が詳しい。

散逸免れたプライス氏旧蔵品、日本美術ブームの源流: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

原三溪は日本美術院の画家たちを支援しましたが、作品が好みでなくても買上げをしました。菱田春草の『賢首菩薩』も岡倉覚三(天心)名義で買上げていますがが手放しています。春草没後、人気が急上昇すると三溪はその魅力に気づき高額で作品を蒐集しています。 harasankei2019.exhn.jp

【イベント】チームラボなど17組のアーティストが競演する「数寄景/NEW VIEW 日本を継ぐ,現代アートのいま」。日本美術の“文化遺伝子”を継承する作家に注目し、日本文化を象徴するキーワードに沿って8つのセクションで構成。mdn.co.jp/di/newstopics/… #アート pic.twitter.com/CVxWOxZ3Le